フォーカス・リーディング習得ハンドブック
Pocket

フォーカス・リーディング習得ハンドブック

パラパラっと
1冊10分で本が読めたら…

本を読んでも
内容が頭に入らない!
という事が無くなったら…

読みたい本が
読めなくてイライラする事が
無くなったら…

どれほどあなたの仕事・人生は
変わるでしょうか…?

もし、今あなたが
本を読むのに
1時間以上かかったり…

本の内容が
頭に入ってこないなら…

原因は日本の読書教育にあります。

なぜなら、アメリカでは
小学生のうちから
本の読み方、活用の仕方を
叩き込まれるのに対し…

日本の学校では
本の読み方なんて
教えてくれません。

(読書感想文の書き方
くらいでしょうか)

このように、
日本では本の読み方を
教わらないので、

1冊を読むのに時間がかかるのは
仕方ない事なんです。

実は今、、、

速読をマスターするための講座を
割引価格でご案内する
準備をしています!

この講座は過去に
受講者は1700人を超え、
修得率は98%なのですが、、、

参加しない方が
いいタイプの方も
もちろんいます。

以下のような方は
参加されない方が
いいかもしれません。

  • 本をパラパラめくるだけで
    速読が身に付くと思っている方
  • 読書に対して自己投資する
    価値が無いと思っている方
  • ノウハウを得ることで満足して
    実際に行動を起こさない方

しかし、もしあなたが、
本を読むスピードが
遅い事が辛いなら、、、

本を読んでも
全く頭に残らない事に
イライラするなら、、、

読みたいと思って
購入した本が読み進められず
積ん読になっていく事に
腹が立っているなら、、、

こちらをご覧ください。
↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1514289/R15XXNwN/

目次

はじめに…001

講座をはじめるにあたって…021

理論編

第 一 講

あなたがはまりがちな?読書のワナ?

1「要領のいい読書」と「勘違い系の読書」とは?…028

2本を読むと思考力が衰える?…033

3わかったつもりが成長のジャマをする…038

4たくさん読むから悪くなる…041

5オススメ本に安易に手を出すな!…045

6「がんばって読もう」と思うと本は頭に入らない…050

理論編

第 二 講

読書に何を求めるのかをはっきりさせる

1読書の目的を明確にする…062

2リターンを最大化する読み方を考える…066

3リターンは二系統を意識しよう…071

4TPOを踏まえた読書を目指せ!…075

鍛錬編

第 一 講

速読は体育会系のノリで身につける

1反復練習なしに速読術は身につかない…082

2眼と鎮まりとフォーカスをコントロールする…086

3達人へと至る三つのステージ…090

4体育会系メソッド五つの原則…095

鍛錬編

第 二 講

「体」を極める

1本は立って読め、さもなくば正座だ!…100

2呼吸を感じ続ける…104

3眼は前に、心は後ろに…108
・一点集中トレーニング…110

4「見る」を極める…114
・[レベル1]集中力スムーズ移動トレーニング…116
・[レベル2]集中追跡トレーニング…119

5フォーカスを変えよう…122
・[レベル3]スムーズ追跡トレーニング?…124
・[レベル4]スムーズ追跡トレーニング?・第一段階…128
・[レベル4]スムーズ追跡トレーニング?・第二段階…130
・[レベル4]スムーズ追跡トレーニング?・第三段階…132

6「読めた」⇔「読めなかった」の間をつかむ…136
・視野と入力レベルのコントロール…141

7文字はやわらかく包みこめ…144
・入力レベル調節トレーニング…146

鍛錬編

第 三 講

「技」を極める

1理解度をシフトしよう…154

2トップダウンでつなごう…159
・先行オーガナイザーの実験…161

3擬似的な速読で感覚を磨こう…164
・擬似的速読トレーニング…165

4スキミングとスキャニングを駆使しよう…168
・スキミング・トレーニング…170
・スキャニング・トレーニング…173

鍛錬編

第 四 講

「心」を極める

1「速さ」の価値を高めよう…176

2二つの△を書いてみよう…178

3TPOで攻略しよう…181

4アンテナと受け皿を育てよう…184

5「一冊一〇分」を完成させよう…187

実践編

最終講義

フォーカスの力を最大限引き出す読書術

1戦略的に?積ん読?しよう…194

2「その先」を見極めよう…199

3重ね読みで「体」を磨こう…201

4無駄なメモは取るな、線と付箋で十分だ…209

5名文の筆写で言葉を磨こう…215

6耳からの読書で言葉をインストールしよう…218

7成長志向で読書を楽しもう…221

おわりに…224

参考文献リスト…228

[巻末付録]フォーカス・リーディング補助教材…231

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1514289/R15XXNwN/

著者紹介

寺田昌嗣

株式会社J-エデュケーション代表。名古屋大学(法学部)卒。元福岡県立高校公民科教諭。高校時代に「1冊を1分」をうたう速読に挫折。7年かけて独自メソッドの速読術を完成。2001 年に教職を辞して独立し、その指導と普及に当たる。

学習のための読書に最適化された実用性と 98% という習得率の高さから、大学の授業や企業の社員研修として採用され、主催する講座は多数のビジネス書ベストセラー作家がクチコミで門を叩く人気ぶり。

現在、速読技術と独自に開発した高速学習メソッドとを体系化した「アカデミックな読書法」の完成を目指して、九州大学大学院(教育学)博士後期課程に在籍し、「読書教育」と「学習戦略」の研究に取り組んでいる。

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1514289/R15XXNwN/