瞬間のちから
Pocket

瞬間のちから

私たちの友人の友人の話だ。

仮に彼をデーブと呼ぼう。

デーブはよく出張に行く。

このあいだも、顧客との重要な打ち合わせのための

アトランティックシティに出向いた。

仕事を終え、

帰りの飛行機まで時間があったので、

地元のバーで一杯飲むことにした。

ちょうど一杯飲み終えたとき、
魅力的な女性が近づいてきた。

「もう一杯いかが?ごちそうするわ」

ちょっと驚いたが悪い気はしない。

「いいね」と答えた。

女性はバーコーナーに行き、
飲み物を二杯持ってきた。

一杯は自分がとり、
一杯をデーブに差し出す。

デーブはお礼を言うと、
グラスに口をつけた。
記憶はそこで終わり。

いや正確には、
目を覚ますまでの記憶が
飛んでいるのだ。

目覚めたとき、
デーブはホテルの風呂の中で
氷水に浸かっていた。

頭が混乱している。
デーブは慌ててあたりを見回した。

ここはどこだ?

いったいなぜ、
こんなところにいるんだろう?

そのとき、
一枚のメモに気づいた。

「動くな。救急車を呼べ」

風呂のそばの小さなテーブルの上に、
携帯電話が置かれていた。

デーブは、かじかんだ指で不器用に
911番をプッシュした。

交歓酒は奇妙なことに、
彼が置かれた状況を熟知しているようだった。

「いいですか、
ゆっくりと気をつけながら、
背中に手を回してみてください。

腰のあたりから
チューブが出ていませんか?」

デーブは不安に駆られながら、
腰のあたりを手探りした。

確かに、チューブが突き出ている。

交換手は言った。

「落ち着いて聞いてください。
あなたは腎臓を一つ取られたのです。
この町で暗躍する臓器刈り組織の犯行ですね。

今、救急車がそちらに向かっています。
動かずに待っていてください」

****

いかがでしたか?

この話は、

「アイデアのちから」

という本の冒頭に出てきます。

ここ15年間で最も広く流布した
都市伝説のひとつだ。

とも書かれています。

一度聞いたら忘れられない…

そんな物語ですよね。

ではなぜこの話は人の心を掴むのか?

少し説明させてください…

記憶に焼き付く
SUCCESsの法則

この法則を見つけたのは

チップ・ハース & ダン・ハース

彼らは全米150万部の
ベストセラー
アイデアのちからの中で

このメカニズムを解き明かしました。

Simple・・・単純明快である
Unexpected・・・意外性がある
Concrete・・・具体的である
Certified・・・信頼性がある
Emotional・・・感情に訴える
Story・・・物語性がある

冒頭のストーリーは
この6つの要素(SUCCESsの法則)で
成り立っています。

「人の心を掴んで離さない」

のはそういう理由です。

すごいですよね。

こんな法則を見つけるなんて。でも、、

彼らはここで止まらなかったんです…

記憶に残る体験を
意図的に作る瞬間メソッド

彼らが次に目をつけたのは

人の体験です。

ぼくたちには

記憶に残る体験と
記憶から消えてしまう体験があります。

おそらくあなたの
記憶に残っている体験は

“若い頃の記憶”が
多いのではないしょうか。

一方で、

ここ”2、3年の記憶”で
鮮明に思い出せるものは
いくつあるでしょうか。

一体この違いは何が
生み出しているのか?

ハース兄弟はついに
その答えも明らかにしました…

↓↓↓

ハース兄弟のもう1つの大発見
記憶に残る体験を意図的に作る
瞬間メソッド

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1514289/xQm0Cbjx/

 

目次

Part0
決定的瞬間

chapter1
決定的瞬間とは?
なぜ、その瞬間を創るべきなのか?
勉強を頑張っている学生を称えるイベントがあったらいい……8
決定的瞬間は偶然起こるものなのか?……11
長く記憶に残るような決定的瞬間を増やす……12

chapter2
瞬間に着目する
どのような瞬間が価値ある時間なのか?
いつが大切な瞬間か知っておく……23
「結婚生活を振り返るセレモニー」……28
節目を祝うことの重要性……31
最悪の事態は、わからないように覆い隠す……33
注目スべき瞬間に組織はどう向き合うか……38

PART1
高揚する瞬間

chapter3
最高の瞬間を作り上げる
時間や労力を投じた「記憶に残る最高の瞬間」作り

「ゴールディング裁判」……48
顧客サービスを成功させるには……56
高揚する瞬間を作る3つの作戦……63
「私は恵まれている。余命3ヶ月と告げられたのだから」……67

chapter4
台本を逸脱する
戦略的サプライズを持って人々の予想を裏切る
ぬいぐるみのジョシーの休暇……71
変革を起こすには、本質的に台本から逸脱する……80
戦略としての「台本からの逸脱」……85

PART2
気づく瞬間

chapter5
真実に直面して当惑する
自分たちの生活に嫌悪感を抱かせて、意識改革を後押しする
屋外排泄の習慣をなくすには……98
世界の見え方が変わる決定的瞬間……104
脳に何かがひっかかって苦戦する……106

chapter6
気づくために挑戦する
自分自身に対する理解を深める必要があるなら
自己洞察につながる「行動」をする……112
「ピーク・エンドの法則」……117
メンターの方程式?:「高い基準+保証」で後押しする……120
メンターの方程式?:目標と支援には強い力がある……121
リスクに挑む……125

PART3
誇らしく感じる瞬間

chapter6
気づくために挑戦する
自分自身に対する理解を深める必要があるなら
自己洞察につながる「行動」をする……112
「ピーク・エンドの法則」……117
メンターの方程式?:「高い基準+保証」で後押しする……120
メンターの方程式?:目標と支援には強い力がある……121
リスクに挑む……125

chapter7
周りの人たちを認める
相手を認めることによって、彼らにとっての決定的瞬間を作る
「声を出さずに歌いなさい」……138
みにくいアヒルの子が美しい白鳥に変化するとき……140
相手を上手に評価する……142
心のこもった形で感謝を伝えるには……147
「感謝の訪問」の効果……151

chapter8
節目を増やす
私たちは誰でも節目が好きなのだ
最終目標にたどりつくために……154
レベルアップ戦略でやる気になる節目を作る……157
誇らしく感じる瞬間に気づいているか……160
私たちは、誇らしく感じるチャンスを逃している……162
節目は最高の瞬間に値する……165
最後のひと押しを出す節目効果……167

chapter9
勇気を出す練習をする
勇気とは恐怖に抵抗し、打ち勝つことである
何が、公民権運動における第一歩を支えたか……170
勇気を出す瞬間……174
プロの役者が参加した実践練習で緊張感を作り出す……179

PART4
結びつく瞬間

chapter10
共有できる目的を作る
グループメンバーと親しくなっていくためには
患者の幸せの探求という目標を共有する……194
全スタッフが一緒に取り組む……200
つらい体験—共通の課題に取り組む……202
より大きな意味—目的をもたせる……204

chapter11
結びつきを強める
あらゆる関係作りに有効な「秘伝のソース」
教師と親の関係が学校改革のカギだった……210
相手が敏感に察知している時、人間関係が強まる……217
相手を敏感に察知して人間関係をスムーズにする……224
「親密になりやすい」会話、「なりにくい」会話……227

chapter12
瞬間を大切にする
どうすれば、最高の瞬間をより素晴らしいものにできるか
決定的な瞬間そのものを目標にしよう……238
「気づきの瞬間」……243
もっと知識を深めたい読者への提案……250

Appendix
トラウマの瞬間への対処
前向きな成長のための5つのアドバイス……251

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1514289/xQm0Cbjx/

著者紹介

チップ・ハース(Chip Heath)

スタンフォード大学ビジネススクール教授。専門は組織行動論、経営戦略。GoogleやGapなどの世界的企業のコンサルティングを行う。450社を超える新興企業の事業戦略や企業メッセージの策定をサポートしている。シカゴ大学ビジネススクールやデューク大学フュークアビジネススクールでも教鞭をとっていた。カリフォルニア州ロスガトス在住。

ダン・ハース(Dan Heath)

デューク大学社会起業アドバンスメント・センター(CASE)シニアフェロー。ハーバード大学ビジネススクールでMBA取得後、同学の研究員を務める。オンライン教育大手「シンクウェル」共同創設者。社会起業家の活動を支援している。ノースカロライナ州ダーラム在住。

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1514289/xQm0Cbjx/