市場独占マーケティング
Pocket

市場独占マーケティング

1億稼ぐのに何リスト必要?

一生困らない収入を得るためには、
どれくらいのリスト数があればいいのでしょうか?

例えば、、、
とある世界的マーケティングの権威は、
自分自身の専門知識を売り物にする場合、

2000~3000リストあれば、
年間1億円を稼げると言っています。

また別のマーケティングの専門家は、
粗利が5割程度ビジネスの場合、

「有効リスト」が4000あれば、
年間1億2000万円を稼げると言っています。

もっと極端な例で言うと、、、
(とあるジムのトレーナーの話ですが)、、、

たった「8リスト」だけで年間、
7000万円以上の収入を得ている人もいます。

どうすればこんなに少ないリストで、
こんなお金を安定して得られるのでしょうか?

それが今月の新刊本
「市場独占マーケティング」です。

http://directlink.jp/tracking/af/1514289/Gfy24bSj/

全米屈指の「影響力」のエキスパートが明かす、、、
一生顧客に困らない、リスト・コントロールの技術とは…?

http://directlink.jp/tracking/af/1514289/Gfy24bSj/

目次

はじめに
行列を作るレストランの秘密

第1部 売り手市場になるための基本

原則1 価格は需要と供給で決まる
-「売り手市場になる」とは、どういうことか?
原則2 市場から独立せよ
-「魅力的なファンを集めてあなたの市場を作ろう
原則3 市場の均衡を破る4つの要素
-イノベーション、人間関係、利便性、価格
原則4 購買行動が買い手を作る
-群れが動くのは群れが動いた時である
原則5 他人と違って構わない
-あなたの信者に向けて発信する
原則6 価値はエコシステムの中で生まれる
-混沌を秩序に変え、華麗に操ろう
原則7 「飛び抜けていること」に勝るものなし
-一番に名前があがるブランド作り

第2部 キャンペーン主導型メソッド
-原則を戦略へ落とし込む

原則から戦略へ

キャンペーン主導型企業のメソッド

フェーズ1 キャンペーンの計画を立てる
-キャパシティー、ターゲット顧客、提供のタイミングを知る
フェーズ2 万全の下準備
-売り手市場になるための土台を築く
フェーズ3 キャパシティーの解放
-盛り上がりをコントロールするには
フェーズ4 飛び抜けるために
-あらゆるタッチポイントを見直そう
フェーズ5 ストーリー、数、インサイト
-キャンペーン成功を祝福し、もっといい提供方法を探す

第3部 クレイジーな時代、チーム作り、
そしてあなた

パドリングの時代

全力で変化の大波に乗る

シフト1 3つのゲーム
-負け戦ゲーム、人生満喫ゲーム、成績追求ゲーム
シフト2 キャンペーン主導型チーム作り
-全員で、飛び抜けたビジネスへ改善し、売り手市場を作り出す

特別なアイデア-最後までカットするか悩んだ秘密の一手

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1514289/Gfy24bSj/

著者紹介

ダニエル・プリーストリー(Verne Harnish)

ダニエル・プリーストリーは、ベストセラー作家にして、受賞歴を持つ起業家。
2002年、オーストラリアで、22歳にして自身最初の会社を創設。
ビジネスパートナーの協力も得て、25歳を迎える前に、その会社を数百万ドル規模のビジネスへ成長させた。

2006年にはオーストラリアを離れ、ロンドンで新たな事業に挑戦。
スーツケース1つ、クレジットカード1枚でイギリスに降り立つと、新たなベンチャーを立ち上げ、
2年とたたずに1000万ドル規模のビジネスへ成長させた。
その過程で業界の第一人者となり、さらに、世界トップクラスの起業家、
リーダーから個人的に指導を仰ぐ機会を得た。
起業家としてのキャリアで、ダニエルは、ビジネスの立ち上げ、構築、買収、資金提供、売却などを経験している。

そして現在は、ビジネスと起業の分野で、世界トップレベルのプロ講演家との評価を得ている。
ダニエルは、商品を売り手市場にする手腕で知られている。巨大な劇場のチケットを売り切り、
国際的な規模のキャンペーンを展開し、商品を改良して、売り上げを劇的に伸ばしてきた。

また、グロースキャピタルも手がけており、設立間もない企業に数百万ドルを投資している。
現在のダニエルは、長年の友人にしてビジネスパートナーとともに、世界中で起業とリーダーシップに関する講座を開講している。
チャリティー活動にも積極的で、また複数のリーダーシップ・チームと仕事をしている。
ダニエルはこの本のほかに、『Entrepreneur Revolution(仮邦題:起業家革命)』
『Key Person of Influence(仮邦題:影響力のあるキーパーソン)』と、2つの作品を発表している。

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1514289/Gfy24bSj/